エネルギーの利用を地球全体で適切に図ることは、人類とその会社インフラの維持にとって大切です。エネルギー産業のお客様は、経済的なリスクと高い技術要求とを両立させるために安全基準・規則面、環境面そして進歩し続ける技術面でチャレンジに直面されます。
これらの課題へ適切に対応するためには、運転および事故を含めた製造、輸送および備え付けの全ての段階に信頼性の高いエンジニアリングモデルが求められます。そのためには、効率的で実際的なモデル化が重要となり、高いレベルでの革新が必要となります。

エネルギー産業向けバーチャルプロトタイピングソリューション

エネルギー事業者、プラントメーカーおよびメーカーが、性能の評価、メンテナンス計画の最適化そして老朽化設備の解体計画を効果的に行えるように、ESI Groupは機器の運転履歴を含めた現状をデジタル化するソリューションを提供しています。ESIの大規模な統合ソフトウェアは、エネルギー分野での30年以上に亘る経験を有しており、様々な分野での厳しいニーズに対応します。

デジタル化による安全性の強化

計画段階から設備の安全性・堅牢性を実証:様々なコンポーネントとシステムをデジタルモデル化し、原子力プラントの安全基準や規制への適合性評価並びに寿命予測を可能にします。

石油・ガスプラントの設計性能・安全性の評価

ESIのバーチャルエンジニアリングソリューションは、過酷な条件や稼働中に起こりうる予想外の負荷に対する性能を評価し、石油・ガスプラントの稼働停止回避や修復コストの削減を可能にします。

風力発電プラント開発とバーチャルテスト

風力発電におけるプラント機器の性能・リスクをあらかじめ予測することで、高い性能を保持しながら運用・メンテナンスのコストの削減・製造プロセスの最適化をが可能になります。

風力タービンの管理を最適化し、高い性能を保持しながら運転・メンテナンスコストの削減をすることは、風力発電所にとって重要な課題となります。ESI Groupのバーチャルプロトタイピングはこれらの課題に対し、機器の材料挙動を含めて、効率的なコストでの運用、設計条件や異なる環境条件での装置内の相互作用の複雑さを把握できるようご支援いたします。
本ウェビナー(ウェブセミナー)では、物理ベースモデルとデータ解析や機械学習を組み合わせることで、風力タービンの管理を強化し、メンテナンス予測に新たな可能性について紹介します。

Virtual Prototyping for Energy Technologies is Trusted By

ESIのソリューションは、世界中のエネルギー産業のお客様に活用いただいております。(*アルファベット順、敬称略)
ABB Automation, Aker Solutions, Caterpillar Energy Solutions, Eaton Industries, EDF, E.ON Energy Research Center (RWTH Aachen), Framatome, Fuji Electric, GE Jenbacher, Mitsubishi Electric, Mitsubishi Hitachi Power Systems, NEC, Robert Bosch, Siemens, SKF, Vaillant, VEOLIA or Voith Hydro 他