航空宇宙・防衛産業では、どんな状況下でも安全性を保証し、同時に乗客により快適なフライト体験を提供できるような高性能で高品質な製品の開発が求められ続けています。
このようなニーズに対応するために、ライフサイクルマネジメント(PLM)を導入し、業務の効率化や果断な意思決定を行うためサプライチェーンの合理化に力を入れてきました。
しかし、さらに加速する市場の変化、技術革新、ニーズの多様化に対応するためには、設計・解析・試作といった製品開発段階においてもさらなる効率化・合理化が必要となります。
ESI Groupは、独自技術のバーチャルプロトタイピング技術である「Hybrid Twin™」を用い、従来のプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)より広範囲のコンセプト「プロダクト・パフォーマンス・ライフサイクル(PPL)」への転換により航空宇宙産業を支援いたします。
プロダクト・パフォーマンス・ライフサイクル(PPL)とは、リアルタイムおよび実環境データを、製品の完全なバーチャルプロトタイピングである「Hybrid Twin™」に反映させ、設計、開発、テスト、組み立て、オペレーション、メンテナンス・修理、段階的な生産中止に至るまでの、製品ライフサイクルのあらゆる段階で、製品使用に影響を与える原因となる「不良」を事前に予測・管理を可能にする手法です。
これらのデータを製品開発にフィードバックすることで、開発初期段階からあらゆる未知のリスクを予測・低減し、精度の高い製品設計・製造・組立を可能にします。
このような製品開発初期段階から生産停止までのライフサイクルをカバーするエンドツーエンドのデジタルスレッドで、航空宇宙・防衛産業における高性能で高品質な製品開発を支援します。

バーチャル マニュファクチャリングによる生産性向上

ESIのバーチャルマニュファクチャリングソリューションは、実物プロトタイピングを作成する前の開発初期段階でも、鋳造、プレス成形、複合材成形、溶接・組付けなど様々な製造プロセスの検証・評価が可能です。製品開発初期段階で適切で効率的な製造プロセスを確立することで、スクラップ率の低減や、生産性を向上することが可能です

高度な製造能力の開発

1973年から培ったESI独自のノウハウである材料物理によって、熱伝導や流体から相変化、残留応力のモデリング等、お客様の持つ技術力とESIの専門知識を合わせて活用することで、更に革新的な設計へのチャレンジが可能となります。

ファクトリー4.0への移行を支援

ESIの没入型バーチャルマニュファクチャリングソリューションの活用によって、実物プロトタイプ作成前に、製造工程を実物大でシミュレーションし、様々な製造シナリオを評価・検証、最適化することが可能です。さらに、検証された設計データによってファクトリー4.0ワークベースを作成する拡張現実システムをサポートすることができます。

製品品質向上

製品から入手したセンサーデータをもとに製品寿命の中で起こる様々な物理的現象を把握した上で、製品シミュレーションモデルを使い、その性能の評価・管理をリアルタイムで可能にします。これらのデータを製品開発にフィードバックすることで、開発初期段階からあらゆる未知のリスクを予測・低減し、精度の高い製品設計・製造・組立を可能にします。

キャビン・コックピット開発の最前線

機内インテリアやシートデザインの品質・快適性・静寂性は乗客のフライト体験を向上させるうえで非常に重要となります。メーカーは限られた予算や期間で革新的な製品開発を迫られる中、バーチャルプロトタイピングは非常に重要な役割を果たします。例えば、開発初期段階でバーチャルプロトタイピングを用いて、製品の安全性・快適性・生産性の検証・評価を行うことで、必要な実物の試作品数を減らすことができるだけでなく、開発後期段階での手戻りを防ぎ、コスト削減や生産時間短縮が可能となります。 

More

製品・製造プロセスをバーチャル空間上にリアルに再現

ESIのバーチャルリアリティーソリューションは、実際と同じ環境で、ヒューマンセントリックな製造プロセスやサービス・メンテナンス性の検証を可能にします。製品開発の評価から意思決定に至るプロセスを強力にサポートし、工数短縮、経費削減、品質向上を実現します。 

More

低コストで高品質を実現

バーチャルプロトタイプは、コスト削減と最適な製造プロセスの確立を支援する革新的なソリューションです。 ESIのスマートマニュファクチャリングソリューションは、長年にわたり培った独自ノウハウを基に、機体および航空エンジン部品といった複雑かつ軽量部品をの設計・開発初期段階でも、鋳造、プレス成形、複合材成形、溶接・組付けなど様々な製造プロセスの検証・評価を可能にします。 

More

生産量倍増と納期遵守を実現するソリューション 

ESIのクロスファンクショナルチームが次世代の航空機技術開発を強力にサポート 

ESIでは、Hybrid Twin™をはじめとする独自のバーチャルプロトタイピング技術だけでなく、材料科学に関して業界トップレベルの知識を有するエンジニア、製造業界で豊富な経験を持つ専門家、データアーキテクトからなるクロスファンクショナルチームが、次世代の航空機技術開発を強力に支援します。

Designing a Quiet eVTOL Aircraft

eVTOL is a modern-day innovative aircraft that uses electrically powered systems to hover, take off, and land vertically. System-based verification methods are useful to analyze the drivetrain sizing, flight controls, flight dynamics and battery sizing, safety & cooling. Further Vibro-Acoustic solutions help to analyze the exterior noise impact in urban areas as well as interior noise level comfort. Discover how ESI solutions allow virtual design iterations on the eVTOL performance, safety & meet noise regulations.

VRシステムを活用した作業者主体の設計・製造ライン構築

ESIのVRソリューションの活用により、実物プロトタイピングや製造ライン構築前でも実際と同じ環境をバーチャルで構築が可能です。初期段階で、製造プロセスの検証・評価し、最適化をすることで、ROI(投資利益率)の向上を実現します。

スマート・マニュファクチュアリングで実現する最適な設計・製造プロセス構築

ESIのスマートマニュファクチュアリング・ソリューションは、設計・製造プロセスの最適化、生産率向上により、航空宇宙産業の持続的な発展を支援します。

新しい航空機のバーチャル体験とビジネスモデルの早期認証

ESIが提唱する「Hybrid Twin™」は、製品の使用開始から寿命にいたるまでのライフサイクルで発生する様々な物理的事象について得られるセンサーデータをコンピューター上のシミュレーションモデルに反映させ、ライフサイクル全般における製品の性能をリアルタイムに管理する手法です。
将来起こりうる故障や変化を適時予測・検証し、作業サイクルを調整することでゼロダウンタイムを実現し、収益の最大化・メンテナンスコストの最小化を支援いたします。

実物なプロトタイプからの脱却

ESIのバーチャルプロトタイピングは、実物プロトタイピングからの脱却を加速させます。
実物プロトタイピングを作成せずとも高性能で高品質な製品の開発ができ、リードタイムの短縮、コスト削減、市場での競争力を高めることが可能です。

Virtual Prototyping in Aeronautics is Trusted By

ESIのソリューションは、世界中の航空宇宙・防衛産業のお客様に活用いただいております。(*アルファベット順、敬称略)
Airbus, Alcoa, Avic, Boeing, Bombardier, Dassault Aviation, ESA, General Dynamics, Honeywell, Lockheed Martin, MSI-DFAT, NASA, Northrop Grumman, PCC, Rolls Royce, Safran, Textron Aviation, Thales, United Technologies 他