農業機械、林業機械、昇降機、塑性加工機械、鉱山機械に至るまで、産業機械製造業界を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。 
お客様のニーズは、製品の機能・性能から、製品のライフタイム・パフォーマンスへ広がっており、製品設計から、製品製造、製品組立、製品稼働後の運用に至るまで、産業機械製造業界は様々な課題に対応する必要性に迫られています。 つまり、過酷な使用条件においても最大の生産性と稼働率を約束し、さらには、より安全で、より生産性の高い製品を、決められたコストとリードタイムで提供することが求められています。

 

Webinar Series 
“Safe, Clean &
Productive Machinery"

Watch On-Demand

 

VRを活用した安全で生産性の高いヒューマンセントリックなオペレーション

産業機械製造業界での開発プロセスのデジタル化が進む中、製品設計と生産技術、メンテナンス領域においてもデジタルを活用した製品・組立プロセスの検証・評価が広がっています。 ESIのVRソリューションは、メンテナンスプロセスにおいて必要不可欠な製品可動部の確認、組立・組付性やサービス性、さらには工場レイアウトや作業姿勢といった作業者の安全性に至るまでヒューマンセントリック(人間中心)に事前検討・最適化が可能です。 設計初期段階で、安全で生産的なメンテナンスプロセスを確立し、生産開始までのリードタイムを短縮し、品質向上とコストダウンを実現します。

バーチャル・プロトタイピングがもたらす製品設計・製造のカギとなる

バーチャルデザインレビュー

ESIのVRソリューションは、設計初期段階においても、過酷な使用条件下での耐久性の予測・検証を支援します。運用時の堅牢性と不適切な使用を考慮し、システム設計、サイジング、検証、および安定性予測・検証を行うことで製品ライフサイクルを最大化するだけでなく、最新の電動化および自動化テクノロジーといった新たな技術や複雑なシステムの実装までもを可能にします。

バーチャル・プルービング・グラウンド

技術的検証作業のデジタル化の加速に伴い、実際の製品試作と生産試作もデジタル試作へ移行しています。 ESIのVRソリューションを活用し、バーチャル・プルービング・グラウンドを導入することで、稼働耐久性および製品の誤使用を想定したバーチャルテストや、各システムの連携、性能、および実際の製造条件に即した解析等の総合的な製品検証を可能にし、より安全で、より生産性の高い製品設計を実現します。

バーチャルプロトタイプで不具合ゼロを目指す

生産における欠陥をゼロに近づけることで、ROIを向上させます。 バーチャルプロトタイプの活用により、鋳造から板金成形、複合材成形、複合材製造、溶接、接合、アセンブリまで、あらゆる製造プロセスを事前にシミュレーションし、製品品質の向上が可能です。 さらに、非常に複雑な製品形状やプロセスに対しても、試作品制作前の設計初期段階で最適化をすることで生産性の向上とコストを削減し、競合他社を圧倒する市場投入戦略の実現可能です。 

ダウンタイムゼロを実現するHybridTwin ™

HybridTwin ™とは、従来の「デジタルツイン」をリアルタイムで実現するESI独自の技術です。リアルタイムおよび実環境データを反映させることで、設計、開発、テスト、組み立て、オペレーション、メンテナンス・修理、段階的な生産中止に至るまでの、製品ライフサイクルのあらゆる段階で、製品使用に影響を与える原因となる「不良」を事前に予測・管理を可能にする手法です。これらのデータを製品開発にフィードバックすることで、開発初期段階からあらゆる未知のリスクを予測・低減し、精度の高い製品設計・製造・組立や、ゼロダウンタイムを実現します。

Virtual Prototyping in the Heavy Industry is Trusted By

ESI Groupのソリューションは、世界中の産業機械製造業のお客様に活用いただいております。(*アルファベット順、敬称略) ABB、AP&T、Arcelor Mittal、Bosch Rexroth、Caterpillar、CNH、Eickhoff、Epiroc、富士電機株式会社、Gabler、株式会社日立製作所、John Deere、Junghenrich、株式会社小松製作所、Liebherr、Lenze Drives、三菱電機株式会社、Palfinger、Putzmeister、Romonta、Siemens Minerals、Siemens Large Drives、Tenova Takraf、United Technologies、Voith Paper