従来の自動車開発では、要求未達事項やミスが設計後期の試験段階において発覚し、仕様変更、試作及び試験の度重なる実施によるコストの増大や開発期間の長期化が課題となっていました。手戻りを防ぎ、エネルギー効率、安全性、快適性、および軽量性等の目標を達成するための最善の方法は、素材、形状、生産コスト、および物流要件に関して、開発中の製品が実用的かどうかを早期に評価することが重要です。

つまり、今まで以上に開発期間の短縮・コスト削減が求められると同時に、絶えず進化する市場のニーズに対応する必要のある近年における自動車開発には、設計初期段階において後工程で発生する可能性がある問題を事前に把握・改善し、後工程での問題発生を防ぐことが、必要不可欠となります。

 

  • マーケットの急激なニーズの高まりにより、従来生産量が少なかった部品であっても、迅速に対応するための環境・プロセスを確立する必要がある。(例:複合材料部品等)

  • 急速に複雑化が進む自動車部品の製造には、複雑で多岐にわたる工程を一元的に管理する必要高まっています。

ESIのスマートマニュファクチャリング・ソリューションは、開発の初期段階での設計・製造プロセスの最適化や、作業者目線でのサービス中性・製造性・アクセス性・材料寸法品質の評価を可能にし、多種多様な要求を満たした自動車開発を強力に支援します。

Virtual Prototyping for a Wide Range of Manufacturing Process Domains

加速し続ける市場の変化、技術革新、ニーズの多様化に対応するためには、データや過去の実績・経験だけでなく、新たな手法やアプローチを生み出す可能性の検討により、多くの選択肢を持つことできます。ESIのスマートマニュファクチャリングソリューションは、長年にわたり培った独自ノウハウを基に、自動車の設計・開発初期段階でも、鋳造、プレス成形、複合材成形、溶接・組付けなど様々な製造プロセスの検証・評価を可能にします。製品開発初期段階で適切で効率的な設計・製造プロセスの予測・検証により、強固な開発基盤の確保を支援します。

How Smart Manufacturing Can Benefit You

ESI Groupのスマートマニュファクチャリングソリューションは、製品およびプロセスの検証プロセスに統合するユーザーは、組み立てプロセスの事前評価・検証による手戻りを防ぐだけでなく、実物の試作品の制作時間とコストの大幅な削減をもたらします。

Want to know how to get started?