自動車に対するお客様のニーズは、かつてないスピードで変化しています。 自動車業界では、自動車の機械式パワートレインと運転者を中心に設計された内燃機関を搭載した車両が、カスタマイズされた乗車体験を提供する電気式の自動走行車両への移行が急速に進んでいます。 そのような背景の中、インテリア・デザイン・エンジニアは、体系や、乗車位置、乗車姿勢に関係なく、安全で快適なシートをすべての乗員に提供することが求められています。

バーチャルプロトタイプを活用した自動車内装​部品等の設計開発

数多くの部品を用いていくつものパターンの構成を検討する中で、コストと時間を要する試作品を用いた検証や、設計後期段階での仕様変更には限りがあります。 
試作品を用いた検証では、最適化の機会が制限されるため、安全性を考慮し過剰設計になりがちです。ESIのキャビン・インテリアソリューションは、早期設計段階で迅速な反復検証と意思決定を可能にします。 

キャビン・インテリアソリューションの独自性

ESIのキャビン・インテリアソリューションは、あらゆる要件を正確に検証し、各パーツおよび総合的な分析結果の提供が可能なため、実際の試作品使用時と比較し、わずかな時間とコストで、様々な構成で検証・最適化し、軽量化を実現します。また、実際の試作品制作前にバーチャル環境上で、性能の事前の検証も行うことができます。

ESI キャビン・インテリアソリューションの特長 

  • 車種やグレード、Eモビリティー等、乗客のニーズに合ったキャビンデザインの再発明 
  • 市場投入までの時間に影響を与えることなく、早期設計段階でさまざまなシナリオをバーチャル検証可能 
  • 製品性能上の課題を検証・評価し、その解決策を予測 
  • 設計コスト、開発期間、試作段階の削減と安全性向上・設計目標遵守を両立する製品開発 
  • 高精度のモデル化技術により、バーチャル環境上で事前検証が可能 
  • バーチャル環境上で車内および乗車体験を検証・評価(乗員の体格や姿勢に応じた座席の快適性、騒音基準を満たす遮音性、熱管理) 

Our Customer Stories

Get in Touch with a Representative for Automotive Interiors