CASE(Connected、Autonomous、Shared、Electric)に象徴される自動車業界(クルマ)の変革はますます加速しています。 次世代自動車開発の成功の鍵はパフォーマンスであり、ワークフローやチーム間のコミュニケーション、そして迅速かつ的確な意思決定に変化をもたらします。 ESI では、設計・製造においてお客様の抱える様々な課題に対し、あらゆるソリューションを提供しています。

電気自動車の試作品開発とバーチャルテスト

電気自動車のキャビンとバッテリーの開発を強力に支援するソリューションについてご紹介します。 

早期段階からシステムレベルで電気自動車を設計

ESIのマルチ・ドメイン・システム・モデリングソリューションは、熱管理から、バッテリ設計、電力管理、パワートレインに至るまで、フィールド指向制御制御装置やレジスタを含む電子機器、トランスミッションを含むすべてのコンポーネントモデルの作成が可能です。電気自動車の設計においても、複雑なメカトロニクスの相関関係の把握や構築を支援します。

臨場感にあふれ、パーソナルかつ機動性のある走行体験を実現

ESI Groupは、いくつもの研究プロジェクトに参画しており、その中の1つであるOPTEMUSプロジェクトを紹介します。 
ESIは、材料物理学の専門知識を活用し、確立された1 Dおよび3 Dシミュレーション手法と最新のHybrid Twin技術を提供しています。その結果、電気自動車の航続距離を最大40%向上させると同時に、最高レベルの室内快適性と安全性を実現しました。 

詳細はお問合せ下さい。

 

車の騒音を排除し、プライベートサウンド(ゾーンサウンド)を実現

電気自動車では、従来の内燃機関のようにエンジンが主な加振源となっていないため、トランスミッション等の他の駆動装置の騒音や振動がより顕著になります。 ESIのバーチャルプロトタイピングは、様々な伝達経路による振動、音の放射をバーチャル上で検証し、車内の不要な騒音を早期に検出し、サウンドゾーンを最適化することで、プライベートな音空間の構築を支援します。

温熱快適性の最適化

ESIのキャビン快適性解析ソリューションは、温度調節や換気機能が付いたシートやHVACシステム全体を考慮したバーチャル実験を行うことができます。組み込まれた人間モデルを使って熱的挙動と快適性を予測します。またCFD技術を用いて車内の空気の動きや温度変化を予測し、シート・乗員・キャビン間の熱交換の継続的な解析が可能です。

熱エネルギーフロー制御の最適化設計による、車内快適性・安全性の向上と航続距離最大化を実現

ESIのインテリア・ソリューションの活用により、車両とその環境 (道路、交通および気象条件) との関連を考慮し、暖房、換気、空調 (HVA) 、バッテリー、エンジンなど、システム主要構成要素のエネルギーフロー(熱流れ)モデルの構築が可能です。さらに、快適性に関わる様々なパラメータをリアルタイムに収集し、バッテリーの駆動時間予測も可能です。入力パラメータは以下の通りです。

  • 運転席到着時の車内快適性 (例えば暖房シート、暖房ステアリングホイール) の事前検証 
  • 車内温度、冷暖房の使用状況、客室、スマートシートの冷暖房システム 
  • 経路選択 (エコルーティング技術統合) 
  • ドライビングスタイル (エコドライブ技術の融合) 
  • 車内の状況および乗客の個別特性 

ハイブリッド・ツイン™がもたらす航続距離の最大化・車室内の快適性と安全性向上

「Hybrid Twin™」とは、製品の完全なバーチャルプロトタイピングを作成可能なESI Groupの独自技術です。

リアルタイムおよび実環境データを反映させることで、設計、開発、テスト、組み立て、オペレーション、メンテナンス・修理、段階的な生産中止に至るまでの、製品ライフサイクルのあらゆる段階で、製品使用に影響を与える原因となる「不良」を事前に予測・管理を可能します。

これらのデータを次世代車両開発にフィードバックすることで、開発初期段階からあらゆる未知のリスクを予測・低減し、製品機能の更なる発展や乗客の快適性と安全性向上を支援します。

  • ドライバーと同乗者の安全を脅かす走行状況をリアルタイムに認識し警告、航続可能距離を最大にするための調整方法の助言、交通状況や気象予報に基づいた代替経路の提案が可能な車両開発のサポート 
  • センサーシステムに障害が生じた際の緊急時対応手順の実施、道路脇で安全な停止、およびリモートサポートの手配 
 
 
詳細をご希望の場合は、こちらのお問合せ​フォームよりお気軽にお問合せください。