多くの産業部門と同様、100年に1度の大変革期を迎えているといわれる自動車産業においても、お客様のアウトカム(※最終的に得られる成果)にフォーカスする企業が増えています。これは、製品開発の成功基準が、「単に製品・サービスを売る」のではなく稼働中の製品性能や環境・社会への影響、顧客体験といった「実際に求められている測定可能な成果(※移動手段としての快適性、安全性等)」にシフトしているということを意味します。こうしたニーズに答えるには、製品が様々かつ不確実な使用条件下でどのように動作するかを予測することが必須となります。

ESIでは、こうしたニーズに答えるため、IT技術を駆使したスマートマニュファクチャリング、ヒト中心のマンマシンインタラクション、シミュレーションによる事前確認・検証、疑似体験等の分野において、ソリューションを提供しています。   

バーチャルプロトタイピングによる設計意図を満たす製造プロセスの早期最適化

100年に一度の大変革期を迎えているといわれる自動車産業では、業務プロセスの見直しや新たな価値創造のための効率化・高度化がますます求められています。ESIのバーチャル・マニュファクチュアリング・ソリューションは、部門およびサプライチェーン全体をシームレスに連携し、最適な製品製造プロセスの早期確立による効率化・高度化をご支援します。

ボディ・イン・ホワイトにおける主要なパネルに対する型成形プロセス検証

ESI Groupの高精度解析シミュレーション技術によりクラスA外板パネル、ドア及びクロージャーの設計効率を高め、設計と品質目標の達成を支援します。

アセンブリー時の歪み解析

ESI Groupのプレス成形解析ソリューションは、設計初期段階で歪みの影響を予測し、最適な軽量素材の組み合わせやを検証・評価が可能です。設計・製造後期段階での不測の手戻りを防ぎ、生産コスト削減を実現します。

ダイカストプロセス検証

ESI Groupの鋳造解析ソリューションは、パワートレインから電気駆動システム、ボディワークに至るまで、製造現場を忠実に再現し、鋳造プロセスにおける溶融金属の充填・冷却・凝固までの一連のシミュレーション形状のシミュレーションを可能にします。

複合材料(複合材成形)プロセス検証

ESI Groupの複合材成形シミュレーションより、大量生産に最適かつコスト効率の高い複合成形材料を迅速に見つることが可能です。

シミュレーションによる事前確認・検証で試作レス支援

シミュレーションによる事前確認・検証は試作レスへ向かうステップです。設計初期段階での予測精度の高いモデルを作り、プロセスの自動化することで生産性を高め、試作品を用いたテストを削減します。設計プロセスの無数のバリエーションを検討・評価し、最適なプロセスを確立することで、CASEテクノロジーの最高の品質基準を満した開発を支援します。

 

ESIのシングルコアモデルは、多岐にわたる各設計分野の要求仕様を満たしたうえで、低コストかつ迅速な設計を可能にします。

Full Vehicle Performance

 

実質的に正確な軽量設計の作成から、水流・浸水トラブルへの対策、長距離を走る安全なバッテリーの保証まで、複数のドメインの性能要件を早期に満たすことで、「ビジョン・ゼロ」を実現します。

Structural Body Engineering

 

製造上の問題を事前予測し、快適性・安全性・エネルギー効率・操作性などの規制に対応した次世代キャビン設計が可能です。

Interior Engineering

 

EV固有の安全基準を遵守し、正確な騒音予測・振動設計評価を可能にします。

Acoustic Engineering

 

既存のIC設計を自動化し、最適なシステムレイアウトを早期することで、全体のパフォーマンスを50%向上させることが可能です。

Powertrain & Systems Engineering

ヒューマンセントリックな次世代自動車開発

ESIのVRソリューションは、人間工学に基づいた教育性、効率性、およびヒューマンセントリックな(オペレーターを中心とした)組付け・組立、サービスプロセスの有効性の検証・評価をご支援します。これらのアプローチにより、組み立てやメンテナンス作業の効率化を図るとともに、設計早期段階で生産プロセスの問題点や改善方法特定し、最適な製造プロセスの確立を可能にします。

ヒューマンセントリックな製品設計情報の一元化と検証(製品の成立性)

設計内容の開発工程下流への影響を予測し、特定な目的のための設計変更を検証すること、及び、部門をこえたチームに原因や影響の相関関係を視覚化できるようにすることは、忠実性・効率性・カバレッジを向上することが可能です。

ヒューマンセントリックな組付け・組立プロセス検証

設計の初期段階で作業者とツールの要件を確実かつ迅速に検証することで、物理的な試作品を制作することなく、最適な生産プロセスの確立が可能となります。

ヒューマンセントリックなサービス検証

生産プロセスの初期段階で組立・組付け・分解手順の検証・評価し最適化することで、後期段階での手戻りを防ぎ、サービス性・メンテナンス性の向上やコスト削減が可能です。

新たなビジネスモデル確立に向けた取り組み

100年に1度の大変革期を迎えているといわれる自動車産業では、現在の自動車の性能を理解し、市場投入前からライフサイクル全体を通して、次世代自動車に関してお客様との信頼関係を構築することが必要です。

ESIは、新しい自動車のコンセプトやビジネスモデルの複雑さを効率的に管理するためには、開発初期段階でエンドユーザーやオペレーターなど、すべての関係者が様々な条件下での自動車性能をバーチャルで事前体験し、評価できるようにするだけでなく、製品運用中の環境・社会への影響を考慮して検証することが非常に重要と考えます。

Hybrid Twin™とバーチャルプロトタイピングがもたらす車両性能の向上

次世代自動車の開発には、今まで以上にスピードが求められています。ESI Groupのバーチャルプロトタイピング技術は、仮想環境下で車両システムの評価を可能にすることで、実際の試作品を用いた衝突実験を極限まで減らすことを可能にします。ESI Groupは実物を用いたテストからお客様を解放します。

自動車・輸送機器産業向け

バーチャルプロトタイピングソリューションのご紹介

自動車・輸送機器産業向けソリューションのさらなる詳細についてはこちらからお問合せ下さい。