多くの産業部門と同様、航空宇宙産業においても、お客様のアウトカムにフォーカスする企業が増えています。つまり、製品開発の成功基準が、「単に製品・サービスを売る」のではなく、製品稼働中の性能や環境・社会への影響をといった「顧客の求めている測定可能な結果」にシフトしているということを意味します。ESIでは、こうしたニーズに答えるため、スマートマニュファクチュアリングやマンマシンインタラクションなどの分野で、様々なソリューションをご提供しています。

Integrate and Build Your Next Aircraft 100% as Planned in a Human-Centric Way

航空機メーカーは開発段階から設計ミスやプロセス等の非効率性を排除し、組立・組付けプロセスの最適化が求められています。ESIのバーチャルマニュファクチャリングソリューションは、人の実体験に近い感覚をプラスしたヒューマンセントリックなシミュレーションにより製造プロセスを実物大で再現し、試作品を作成することなく最適化を行い、航空機生産の加速・自動化や開発期間中でもサービス性を事前に検証することを可能にします。

Go To Human-Centric Solution

作業者主体の組付・組立プロセス検証

試作前段階で組立・組付けプロセスやメンテナンス性を検証、事前に製品開発の正確な情報を共有することで、設計後期での手戻りによる負荷を軽減し、メンテナンス費用の削減やRAMS規格に則った製品設計を可能にします。

作業者主体の製品統合と検証

設計の下流工程での影響の予測・検証データを可視化し、物理的な距離や部門を超えて共有することで、忠実性・効率性・カバレッジの向上を支援します。

ヒューマンセントリックなサービス検証

設計初期段階で保守プロセスの妥当性の検証を可能にし、保守およびメンテナンスコストの削減を実現します。

Pre-Experience a New Aircraft’s Performance with its Hybrid Twin and Sell Productive Hours of Maintenance-Free Flight

機械学習・人工知能・スマートセンサーデータに基づいて、現在運用中の航空機・サブシステム・コンポーネント全体の経年劣化や挙動を、製品の完全なバーチャルプロトタイピングであるESIの独自ソリューション 「Hybrid Twin™」に反映させ、あらゆる段階や状況で評価し、整備の必要性を予測ることで、予期せぬダウンタイムを防ぐことが可能です。

また、これらのデータを次世代製品開発にフィードバックすることで、開発初期段階からあらゆる未知のリスクを予測・低減し、精度の高い製品設計・製造・組立を可能にします。

スマート・マニュファクチュアリングで実現する最適な設計・製造プロセス構築

ESIのスマートマニュファクチャリング・ソリューションは、開発の初期段階での設計・製造プロセスの最適化や、作業者目線でのサービス性・製造性・アクセス性・材料寸法品質を評価を可能にします。

さらに、機体構造やエンジンなどの主要な製造および接合プロセスの開発と検証を加速し、高品質かつ高性能なコンポーネント製造を支援しています。

高圧タービンブレードのように複雑な微細構造を持つ部品においても、あらゆる物理的現象に対応し、高精度な鋳造解析シミュ―レーションが可能です。

溶接中に発生する歪みや応力、および接合領域の材料、冶金特性を予測し、溶接品質の最適化が可能です。コストのかかる試作を用いた検証を削減しつつ、高品質な部品製造を実現します。

設計初期段階で、スプリングバック・しわの発生、製造プロセスに必要なツールの想定等を設計初期段階でシミュレーション可能です。あらゆる形状・素材のシートメタル成形工程を忠実に再現し、プレス金型設計の効率化・高品質化を支援します。

ESIの複合材料シミュレーションツールの活用により、新しい材料や材料のバリエーションに対応し、より迅速な複合材部品の製造が可能となります。

Virtual Prototyping for Getting Pre-Certification of New Materials & Structures Right the First Time

ESIの機能横断的なエンジニアリングソリューションは、試作品の製作や実環境でのテストを段階的に減らすことでリードタイムとコストを削減し、またハイテク技術と製品性能をリンクさせることで、軽量でエネルギー効率の高い航空機の製造とメンテナンス性の向上を実現します。

極端な負荷を受けた場合の構造物の挙動や損傷状況をバーチャルで検証することにより、航空機のテストプログラムをより迅速かつコスト効率よく実行できます。

バーチャルでの快適性、シートデザイン、音響、キャビンの安全性などの、コンセプトやレイアウトの検証・評価により、開発初期段階でも革新的なキャビンとコックピットのレイアウトの設計が可能です。

低周波から高周波までの統一解析環境により、打ち上げ時や分離時に発生する振動や音響を設計の初期段階で検証することが可能です。

様々なコンポーネントを統合して、最適なシステム・レイアウトを早期に構築することが可能です。 バーチャルシステムモデルは、電気ネットワーク、環境制御システム (ECS) 、信頼性の高い燃料システム、制御、センサ技術、およびその他のサブシステムやコンポーネントの最適化等、幅広い範囲に活用できます。

航空宇宙・防衛産業向けソリューションのさらなる詳細についてはこちらからお問合せ下さい。

導入事例