PUCA2016 Virtual Reality Session / Exhibition

2016年11月24日 - 2016年11月25日
Japan, Tokyo
日本イーエスアイ 営業本部
info.jp [at] esi-group.com

日本イーエスアイユーザー会「PUCA2016 ‒ESI Users’Forum Japan-」におきまして、「Virtual Reality Session / Exhibition」を開催する運びとなりました。
さまざまな分野においてVR ( バーチャルリアリティ) への注目が高まり、「VR 元年」と言われる2016 年。こうしたマーケットニーズの中、VR Session では、ESI Group の産業用VR システムIC.IDO の海外事例や今後の方向性をご紹介するとともに、VR 業界をリードする各社様より、最先端のVR 技術と関連製品について、事例や実情を交えてご講演いただきます。また、展示スペースにおいてVR システムを体感いただけるデモンストレーションを予定しております。
是非、ご参加いただけますよう、宜しくお願いいたします。

開催概要
日 時  VR 講演 11月24 日(木)15:00 ~17:45
 VR 展示    11月24 日(木)12:30 ~18:00
       25 日(金)10:00 ~15:15
場 所 ヒルトン東京 4F 菊の間
費 用 無料 ( PUCA2016 お申込フォームにて、"VR Session/Exhibition へ参加” にチェックしてください)
 ※VR Session/Exhibition 以外のPUCA2016 一般参加費用は¥50,000 とさせていただいております
 ※類似製品をお取扱い企業様からのご参加は、お断りさせて頂くことがございますのでご了承ください
申込方法       PUCA2016へ参加登録の上、"VR Session/Exhibition へ参加” にチェックしてください

お問合せ

日本イーエスアイ株式会社 営業本部
TEL : 03-5331-3832  Email : info.jp [at] esi-group.com

 

講演プログラム

15:00-15:30

Democratizing Holistic Virtual Integration

ESI Group Christian Matzen
15:45-16:15

ISID の自動車業界におけるVR の取り組み

株式会社 電通国際情報サービス 村野 俊之

16:15-16:45

製造業におけるVR 表示装置の活用

クリスティ・デジタル・システムズ日本支社 半澤 衛
16:45-17:15

MR 技術によるコミュニケーション改革― 実写と 3D データの融合

キヤノン株式会社 中川 大

17:15-17:45

VR 元年的な産業用 VR とエンターテイメント系 VR の最新動向について

株式会社クレッセント 小谷 創

 

※    プログラム内容は変更することがあります。予めご了承ください。
※    英語の講演は同時通訳にて聴講いただけます。

 

展示概要
    

キヤノン株式会社

VRから一歩進んだ、MR(Mixed Reality)の世界。 キヤノンの「MREAL」は、ものづくりの現場で使えるMRを目指します。 新製品 “MREAL Display MD-10”で、リアルな実寸大のCGをご体験ください。ご自身の手を使い、手とCGの位置関係をより自然な感覚で把握する事ができます。

    
  

株式会社クレッセント

自社開発120度高視野角VRHMDのHEWDD-2にYAMAHAと共同開発のデジタルグローブ、CyberManusをインテグレートした次世代組付シミュレーションをご覧に入れます。トラッキングはViconの新型220万画素小型カメラを使い、遅延無い高精度のトラッキングを保障します。

 
 

日本イーエスアイ株式会社

製造現場において、組付け検証・ライン検討・サービス性検証といった工程で実用化されているVRツールをご紹介いたします。HTCのヘッドマウントディスプレイをプラグインした最新版のシステムを用いてデモを行い、バーチャルで実物大の製品検証を体験していただけます。