旅客輸送に用いられる航空機には、旅客が機内で過ごすためになくてはならない航空機内装品が数多く装備されています。
革新的なインテリアレイアウトが登場やニーズが多様化する中、エンジニアは、限られたコストと期間で乗員の安全性、快適性、性能を維持しつつ、革新的技術を反映したデザインに刷新しなければならないという、困難な課題に直面しています。
バーチャルプロトタイピングの活用は、キャビンやコックピットの仕様を迅速に評価・検証し、設計プロセスの早い段階での意思決定を可能にします。
ESIのキャビン快適性解析ソリューションは、実際の試作品での検証よりも時間とコストを大幅に削減しながら、要求事項を満たした設計仕様の解析・検証を可能とし、これらの課題解決を強力にサポートします。

  • 設計段階の初期段階でさまざまな構成のバーチャルプロトタイピングによる検証・評価が可能
  • 性能の最適化と調整により、快適性、安全性、軽量化を最大化
  • バーチャルプロトタイピングを用いた検証により、試作品制作数の削減

航空宇宙・防衛産業向けキャビン・インテリアソリューションの特長

  • キャビンおよび関連部品の設計に関する厳しい規制基準や高まる性能目標を低コストで達成するためのキャビンおよび関連部品の開発・設計
  • リスクを最小限に抑えた新しいコックピットレイアウトの設計
  • 設計の初期段階で様々なデザインの検証・評価を可能にし、市場投入までの時間を短縮
  • 製品パフォーマンスの問題の予測や最適な軽量設計の実現
  • 開発初期段階での確信を持った製品設計を確立し、設計目標の達成、生産プロセスの短縮、コスト削減、時間短縮を同時に実現
  • 高精度且つ信頼性なモデリング技術により、実際の試作品を用いた検証プロセスの短縮
  • 安全性、快適性、騒音目標を満たすように設計された遮音性、熱快適性の向上による上質な顧客体験の提供

Learn More About Our Interior Solution