オンデマンドセミナー:自動運転にかかせないミリ波レーダーの車載シミュレーション最前線

Electromagnetics
Click to view webinar recording

近年CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電気自動車)をキーワードに自動車を取り巻く技術も大きな変革の時代を迎えています。CASEの一つである自動運転技術は、既存のADAS(先進運転支援システム)よりもより高精度なセンサー技術が要求されます。 
自動運転技術の中でもレーダーはカメラやライダーなど他のセンサーとは異なり、外から見えない場所に隠されて設置される事が多く、設計の
難易度を上げる要因となっています。また、センサー、アンテナデバイスの開発は独立して行われる事が多いため、単体スペックは良好でも車両に取り付けると期待した特性が得られないといった事態が発生しています。
ESIが提供するCEM Oneは、電磁波関連機器・部品の解析設計を支援する高周波電磁波解析専用ソリューションです。
電波を利用した機器の増加や、さらなるEMC規制など増え続ける電磁波問題に対して、開発・設計から試験・検査に至るまで様々な用途・モデルに対応した解析手法をご提供し、多くの産業分野に貢献してきました。この度は、自動運転に欠かせないミリ波レーダーに焦点を当て、高精度シミュレーションを支える技術の最新情報と併せて、実際のユーザーであられるマツダ様の活用事例をご紹介いたします。

■高周波電磁波解析ソリューション CEM Oneとは

ESIが提供するCEMOneは、電磁波関連機器・部品の解析設計を支援する高周波電磁波解析専用ソリューションです。
した機器の増加やさらなるEMC規制など増え続ける電磁波問題に対して、CEM Oneは開発・設計から試験・検査まで強力に支援します。